賛助金・広告協賛

トップ  »  賛助金・広告協賛 » 同志社中高同窓会広報活動へ協賛のお願い

[2016年4月14日]

同志社中高同窓会広報活動へ協賛のお願い

 平素は同志社中高同窓会の活動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、同窓会活動ホスト学年でございますが、2016年度は平成3年度卒業生が担当させていただきます。行き届かぬ点もあろうかと存じますが何卒よろしくお願い申し上げます。

 2016年度の基本テーマは『人一人ハ大切ナリ』と定めさせて頂きました。 「諸君ヨ、人一人ハ大切ナリ」これは、校祖/新島襄先生が、1885年(明治18年)12月18日、同志社英学校創立10周年記念式典の式辞で述べられた言葉です。
 この時、新島先生は1年半に及ぶ欧米旅行から帰国されたばかりで、ご自身の不在中に退学処分に処された7人の学生たちのことを想い、この言葉を語られたとされています。ひとりの人間を「大切」にしようとする精神と姿勢がなければ、人が人と出会い、学びあい、育ちあうという営みは決して成り立たない、新島先生の教育観を象徴的に示した言葉です。
 今年度の中高同窓会は、『人一人ハ大切ナリ』を基本テーマとして、「一人」「一人」の卒業生の皆様と向き合い、これまで同窓会活動に接する機会のなかった方々にも御参加頂ける場を提供していきたいと考えています。幅広い分野で活躍されている同窓生が世代を超えて交流を図る中で「人一人」の持つ力を再認識し、改めて母校への誇りや愛情を感じて頂く一助になればと思います。
 多くの出会いや再会を通じて、同窓生の皆様の笑顔溢れる懇親の場をご提供できるようホスト学年一同、全力で邁進していきたいと思います。
 同窓生の皆さまには今後とも同窓会の活動にご理解いただき、ご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 この同窓会活動は、皆さまからご協力いただく広告協賛金・賛助金により運営しております。同窓会活動の更なる充実と、母校の大いなる発展のため、皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げる次第です。
 また、同窓会活動の持続的発展をより確実なものとするため、今年も昨年同様に同窓会誌の一口で一頁全面を使用し枠内で自由に表現いただける特別広告協賛を募集いたしたく存じます。こちらもあわせてご検討いただきたくご案内申し上げます。
 なお、本年は特別広告協賛にお申し込みいただいた方に対し、大懇親会(10月29日)にご優待を予定しております。
 同窓生やお知り合いの方で広告協賛いただけそうな方がいらっしゃいましたら、同志社中高同窓会事務局までご連絡をお願いいたします。後日、広告協賛のお願い文をお送りさせていただきます。
 今後も変わらぬご支援、ご鞭撻賜りますよう重ねてお願い申し上げます。


企業・団体・個人の広告協賛の内容について

 1. 新聞紙上で行う広告に協賛企業・団体・個人名として掲載いたします。
 2. 同志社中高同窓会誌に掲載いたします。
 3. 同志社中高同窓会のWEBページにも一覧で掲載いたします。
  自社のホームページをお持ちの場合は、リンクすることができます。

※請求書につきましては9月中旬頃、同窓会誌の発送後に郵送させていただき ます。

下記の広告協賛申込書をダウンロードしていただき、ファックスにて同志社中高同窓会事務局まで頂いても結構です。よろしくお願い申し上げます。
  ・2016年度広告協賛概要・申込書(ファイル名:2016koukoku.pdf)


※お電話やファックス、メールでのお問い合わせは、下記までご連絡下さい。
=同志社中高同窓会事務局=
〒606-8558
京都市左京区岩倉大鷺町89 同志社中学校・高等学校宿志館1階
TEL:075-781-7241
FAX:075-781-7231
MAIL:info@doshisha.gr.jp

事務局から

イベント・会合

賛助金・広告協賛

事務局宛

同志社中高同窓会事務局

〒606-8558

京都市左京区岩倉大鷺町89

同志社中学校・高等学校宿志館1階

TEL:075-781-7241

FAX:075-781-7231

MAIL:info@doshisha.gr.jp