同窓会事務局から

トップ  »  同窓会事務局から » 2018年度会長・理事長挨拶

[2018年1月15日]

2018年度会長・理事長挨拶

会長あいさつ
昭和44年度卒 村田恒夫
kaicho2016.jpg  同志社中高同窓生の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申しあげます。
 平素は同窓会の活動に格別のご支援を賜り厚く御礼申しあげます。
 本年度は、『ハレルヤ~我が「岩倉」は、自由なり。~』という基本テーマのもと、平成5年度卒業生がホスト学年となり、土井理事長をはじめ理事、代議員の皆様に実質的な運営をお願いします。
 同志社では、「良心教育」という建学の精神と「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」という教育理念が140年以上に亘って連綿と継承されてきました。幕末から明治初期の、個人の尊重あるいはグローバルという発想や言葉すらなかった時代に、このような方針を打ち立てた創立者 新島襄の卓越した先見性に改めて驚嘆、敬服します。また、この同志社の教育で得た教養・人間性を存分に生かし、多くの同窓生の皆様が広く社会でご活躍されておられることは大変喜ばしく、誇りであります。
 同じ教育を受けた者として、同窓会の場を通して、同級生はもとより学年や世代を越えて親睦交流を深めていただければ、これほど喜ばしいことはありません。
 皆様のご参加を心よりお待ちしています。


理事長あいさつ
平成5年度卒 土井優子
rijicho2018.jpg  同志社中高同窓生の皆様、こんにちは。
 平素より同窓会活動に格別のご理解ご協力を頂きまして、誠に有難うございます。
 2018年度の理事長を務めます、平成5年度卒業の土井優子(どいゆうこ)でございます。諸先輩方が築き上げて来られた当同窓会の伝統を引き継ぎ、精一杯務める所存です。
 今年度の中高同窓会は、『ハレルヤ~我が「岩倉」は、自由なり。~』を基本テーマといたしました。卒業から25年を経て思い出されるのは、岩倉に流れていた自由な空気の下、のびのびと過ごしていた日々。自分たちが素晴らしい同志社中高の同窓生だと改めて強く認識し、あの頃の自分たちを呼び起こしてくれる、そして、現在の自分たちを形成してくれた母校への感謝の気持ちを込めて、選んだメインテーマが『ハレルヤ』です。
 そして、サブテーマ『~我が「岩倉」は、自由なり。~』は、新島襄先生の「我が大学の空気は自由なり」というお言葉から着想を得たものです。先輩、後輩の皆様と交流を深めることを通して、同志社の自由な空気が脈々と受け継がれていることを再確認し、在校生を心から応援する、そのような1年にしたいと考えております。
 同窓生の皆様におかれましては、今後とも同窓会活動にご理解頂き、ご支援ご鞭撻賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

事務局から

イベント・会合

賛助金・広告協賛

事務局宛

同志社中高同窓会事務局

〒606-8558

京都市左京区岩倉大鷺町89

同志社中学校・高等学校宿志館1階

TEL:075-781-7241

FAX:075-781-7231

MAIL:info@doshisha.gr.jp