同窓会事務局から

トップ  »  同窓会事務局から » 2010年度会長・理事長挨拶

[2010年2月18日]

2010年度会長・理事長挨拶

会長あいさつ
昭和32年度卒 立石義雄
kaicho.jpg同志社中高同窓生の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は同窓会の活動に格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、今年度は母校・中学校の岩倉移転による一貫教育の実現へ動き出します。岩倉の地に小・中・高校がハードとソフトの両面で最適に融合し、知・徳・体の一貫教育がより充実されること、そして未来の社会に貢献する人材が輩出されることを期待してやみません。その事が伝統ある本会のさらなる発展と活性化につながるものと確信いたしております。

本年度の実質的な運営は昭和60年度卒業生がホスト学年となり、谷本理事長を中心に、理事、代議員の方々によりお取り組みいただいております。
同窓会といたしましてもできる限りのサポートをさせていただきたいと存じますので、会員の皆様方には、ますますのご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。



理事長あいさつ
昭和60年度卒 谷本将崇
rijicho2010.jpg平素は、同窓会活動にご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。本年度は、私達昭和60年度卒業生がホスト学年となり1年間運営させていただきますので、どうぞよろしく願いいたします。
2010年度基本方針
 Back to The Doshisha
  ~岩倉から未来へ~
2010年度、中高統合を機会に、我々同窓会は同志社建学の精神に原点回帰し、岩倉から新しい未来を創造していきたい。
中高統合により、新たな同志社人を育てていく記念すべき最初の年になります。
我々は、今までどれだけ多くの先輩方が、母校に対する熱い想いをかけてこの同窓会を運営頂いているかを再度認識しなくてはいけません。
この1年間、同志社建学の精神に立ち返り、温故知新の精神を持ちながら、様々な環境の変化に対して、どのように即応すべきかを検討し、少しでも多くの同窓生の皆様に喜んで頂ける同窓会運営を目指していきます。
我々ホスト学年一同はこの一年間精一杯努力致す所存です。同窓生の皆様、どうぞ変化する岩倉に目をお向け頂き、我々に様々なご指導をいただきますとともに、同窓会活動への更なるご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

事務局から

イベント・会合

賛助金・広告協賛

事務局宛

同志社中高同窓会事務局

〒606-8558

京都市左京区岩倉大鷺町89

同志社中学校・高等学校宿志館1階

TEL:075-781-7241

FAX:075-781-7231

MAIL:info@doshisha.gr.jp